大阪で人気の脱毛サロンと医療クリニックの口コミをご紹介!全身脱毛の料金や痛み、効果など、はじめての脱毛で気になる疑問もここで解決!全身脱毛をする前にしっかりとチェックしてください。

脱毛に関する疑問

ムダ毛が濃くなる原因とは?その対策方法について

投稿日:

誰でもムダ毛が少なからずあるものですが、様々な要因により「ムダ毛が濃くなった」「以前よりもムダ毛が増えた」と感じる人が実は多いものです。

そんなムダ毛が濃くなるのはどんな原因が考えられるのでしょうか?

また濃くなってしまったムダ毛の対策についてご紹介します。

ムダ毛が濃くなる原因とは?

ムダ毛が濃くなる原因には物理的な原因と、毎日の生活スタイルや体内でのホルモンバランスの変化によるものがあるとされています。

物理的な原因

ムダ毛の処理でカミソリや毛抜きを使った自己処理をしている人が結構いますが、いつでも気づいたときにムダ毛の処理を出来ますし、自宅で簡単に出来るのがメリットですよね。

でも実はカミソリや毛抜きによるムダ毛の処理は、ムダ毛が濃くなる要素が実はたくさん詰まっています。

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理していると、自然とムダ毛と一緒に肌の表面を削ってしまったり傷つけてしまっているものです。
カミソリやシェーバーを使った自己処理は肌トラブルの原因に!

自己処理をした後「肌が赤くなる」「乾燥する」と感じる人は、ムダ毛のみならず、自分の大切な肌まで削ってしまっていると言えるのです。

そして、カミソリやムダ毛の自己処理で刺激を受けると皮膚を守るため、より太い毛を生やそうとする体の仕組みがあります。

つまり、自己処理を続け長期的に肌への刺激が加わる事によって、どんどん太い毛が生えて結果的にムダ毛が濃く感じるという事に繋がるのです。

さらにムダ毛をカミソリで処理すると毛の断面が平行に切れてしまうため、ムダ毛が実際は増えていなくても濃く見えるという事もあります。

通常毛は先端に行くほど細くなるのですが、毛の途中を切断する事によって切り口が太く見えてしまうという事なのです。

ホルモンバランスによる変化

私たちの体はホルモンによって毎日の体調が左右されるだけでなく、毛の生え方にまで関係しています。

体毛は男性ホルモンの分泌によって生え、男性ホルモンという名前ながら実は女性にも分泌されているホルモンです。

そんなムダ毛の原因となる男性ホルモンの分泌は、下記の生活スタイルなどに大きく影響を受けます。

・睡眠不足

睡眠が不足するとその日一日スッキリしなかったり何となく体調が悪く感じるものですが、ムダ毛にとっても影響を及ぼします。

人は睡眠を取る事で一日の脳や体の疲れをリセットしています。睡眠が不足すると疲れが取れずにどんどん溜まっていき、ホルモンバランスを崩すことにも繋がってきます。

ホルモンは脳から分泌されるものですが脳が疲労していると本来のホルモンバランスが崩れていき、結果的に男性ホルモンの分泌調整がうまくいかず過剰に分泌されてムダ毛生成へと導いてしまうのです。

・食生活

体は毎日の食事で取り入れた栄養素から作られていますが、ムダ毛も例外ではありません。

脂っこい揚げ物や洋食ばかり食べたり、野菜が不足したりなど栄養バランスが崩れる事もホルモンバランスの乱れに繋がるのです。

男性ホルモンの他にも女性にはエストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されているのですが、栄養バランスの乱れにより女性ホルモンの分泌が低下しムダ毛を増やす男性ホルモン分泌が優位になってしまうとされています。

このため食生活の乱れもムダ毛を濃くする要因と言えるのです。

・ストレス

仕事やプライベートで強いストレスを感じると、体の調子を整える自律神経が影響を受けるとされています。

ストレスで自律神経がうまく整わないと胃腸のもたれや頭痛などの体調不良を感じる人が多いですが、これはホルモンバランスの崩れによるものなのです。

もちろんホルモンの影響を受けやすいムダ毛も例外ではなく、ストレスによってホルモンバランスが崩れると男性ホルモンと女性ホルモンのバランスも崩れて結果的にムダ毛が濃くなるとされているのです。

・喫煙

タバコは「百害あって一利なし」と言われる言葉あるほど、人の体に大きく影響をもたらすものですがムダ毛が濃くなる要因も持ち合わせています。

ホルモンの中でもエストロゲンなどの女性ホルモンは女性らしい毛が少ない肌を作り出すとされているのですが、タバコ中に含まれる有害物質がこの女性ホルモンを分解する働きを持ち合わせているとされています。

女性ホルモンが分解されるとそれだけムダ毛を作り出す男性ホルモンが優位になりやすくなるので、ムダ毛が濃くなる動きにつながるのです。

・妊娠

妊娠すると女性の体内でのホルモンバランスは目まぐるしく変化します。

妊娠継続の為にプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増加するのですが、このプロゲステロンが毛の色素であるメラニン生成したりムダ毛を濃くすることにつながるとされています。

実際妊娠してから「体毛が以前よりも濃くなった」と感じる女性は多く、手足以外にもお腹の毛が濃くなったと実感している妊婦さんも少なくありません。

これはお腹の赤ちゃんを守ろうとする生理的な反応も関係するとされています。

妊娠中は肌が特にデリケートになるので毛の処理が以前の様にできず、濃くなったムダ毛をそのまま野放しにしなければならないのが、妊婦さんの悩みの種にもなっています。

濃くなったムダ毛の対策法とは?

カミソリや毛抜きでの処理を見直す

ムダ毛が濃くなる原因のトップとも言えるカミソリや毛抜きでの処理はすればするほどムダ毛を濃くなる要因になってしまうので、処理の周期を伸ばして少しでも肌への刺激を減らすことが重要です。

ムダ毛が気になるからと言って中には毎日のようにカミソリやピンセットを手に取り処理する人がいますが、少なくとも3日~1週間に一度など肌を休める期間が必要です。

とは言っても処理をしない期間はどうしてもムダ毛が目立ってしまうので、元々ムダ毛が濃い人ではこの方法はベストとは言えないのが悩みどころですね。

脱毛の方法でも脱毛クリームやワックスでの処理もできますが、こちらも肌への刺激はゼロでは無いため根本的な解決とは残念ながら言えません。

生活習慣を見直す

ムダ毛が濃くなる理由であるホルモンバランスの乱れを少しでも抑えてあげる事が、ムダ毛を減らす対策として有効であると言えます。

睡眠不足の人は夜ダラダラとずっと寝ないで起きてしまう事もあるので、寝る前にスマホやテレビは見ないで部屋を暗くして早々に寝るなどし睡眠時間を確保しましょう。

食事のバランスについては、体の調子を整える栄養素であるビタミン・ミネラルなどがふんだんに含まれる野菜や果物をしっかりと取り、1日3食のリズムを付けることが重要です。

ストレスを抱えている人は、入浴や軽いスポーツ、趣味などストレスを解消されることを見つけると良いでしょう。

喫煙にはムダ毛のみならず体にとっても有益なことが無いので、出来るだけ早々に禁煙に取り組むことが必要ですね。

とは言っても今までずっと続けていた生活スタイルをいきなり変えるのは難しいと感じる人も多いですよね。

それを踏まえて濃くなったムダ毛を処理するのはやはり「あの方法」がベストなのです。

ムダ毛の処理はやっぱり脱毛がベスト

ムダ毛の処理でカミソリや毛抜きを使った自己処理では、どんな人でもムダ毛がどんどん濃くなっていったり濃く見えてしまいます。

自己処理をしても結局ムダ毛は生えてくるし、毛を剃ったり抜いたりしても黒くポツポツの毛がすぐに生えてきます。

しかも、自己処理を続けていくと、埋没毛や黒ずみなどの肌トラブルが自己処理の年数を重ねるごとに増えていくものです。

せっかく毛を処理しても肌がボロボロで汚かったら人前に出ても恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

そんな困ったムダ毛の処理は、脱毛が一番おすすめと言えます。

脱毛での施術では、毛の黒い色素であるメラニンにに脱毛機械の光が反応して毛根へダメージを与えます。

ダメージを受けた毛根の毛は施術後2週間位経つとするりと抜け始めます。

毛の生える周期に合わせて脱毛を繰り返すことによりムダ毛をかなり処理する事が出来るので、肌の刺激となりムダ毛を増やす要因になるカミソリや毛抜きでの処理が不要になるのです。

また一度施術を受けた毛根はホルモンの影響を受けにくくなるので、生活習慣の乱れや妊娠などのライフイベントに左右されにくくなります。

一度濃くなってしまったムダ毛は自分だけの努力ではなかなか戻せないものです。

最近ではエステでも手軽で安価に脱毛を受ける事が出来ます。

濃いムダ毛にはやはりプロによる脱毛を受けて、スッキリさせる事がベストと言えますね。

ムダ毛が濃くなる原因のまとめ

気になるムダ毛が濃くなるのはカミソリやピンセットの自己処理による物理的な原因の他にも、体のホルモンバランスの乱れが原因なのですね。

そんな濃くなってしまったムダ毛は脱毛による処理が最も手っ取り早く効果的と言えます。

濃くなってしまったムダ毛で「人前に出るのが恥ずかしい」「自分に自信が持てない」と悩んでいる方はもちろん、毛のないツルツル肌になりたい方にもぜひ脱毛がおすすめですよ。

脱毛でスッキリツルツル肌を手に入れちゃいましょう!

-脱毛に関する疑問

Copyright© 大阪で全身脱毛はどこがおすすめ?人気の脱毛サロン口コミ評判ランキング , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.