大阪で人気の脱毛サロンと医療クリニックの口コミをご紹介!全身脱毛の料金や痛み、効果など、はじめての脱毛で気になる疑問もここで解決!全身脱毛をする前にしっかりとチェックしてください。

脱毛に関する疑問

「生理中の脱毛」や「脇の臭い」脱毛に関係している疑問について

投稿日:

生理中の脱毛って安全なの?生理中に脱毛をすすめない理由とは

生理中の脱毛は全く脱毛ができなかったり、部位によって脱毛できたりと脱毛サロンやクリニックによって規定は様々です。

VIOとヒップラインの経血が出る部位以外は生理中でも脱毛できるサロンが多いのですが、大多数のサロンは生理中の脱毛を推奨していません。

その理由は、生理中はホルモンバランスが崩れるため、肌のバリア機能が低下し、肌トラブルが起こったり脱毛効果が下がってしまうためです。

また、生理中は敏感肌や乾燥肌になりやすく、乾燥がひどい場合は脱毛ができなかったり普段よりも痛みを感じやすい恐れもあります。

肌トラブルや脱毛効果が得られないなどのリスクを負って脱毛するよりも、効果的な脱毛ができる時期に再度予約を取り直すことをおすすめします。

特にキラキラ期と呼ばれる排卵期は、ホルモンバランスも安定し皮脂の分泌も増え保湿効果も期待できるため、脱毛効果が最も期待できる時期です。

一石二鳥?脱毛と色素沈着の関係とは?

色素沈着やシミの大きな原因はメラニンによるものです。

メラニンとは外部から肌に刺激を与えた時に、肌を守るために肌の表皮部分のサテライトから分泌される成分で、紫外線や衣類の摩擦、カミソリ等でのムダ毛の自己処理などが主な刺激に挙げられます。

脱毛をしたことによって色素沈着やシミが治ったという事例は多く、その原因として考えられるのが、自己処理で傷つけていた肌を脱毛することにより、自己処理の回数が減り色素沈着が改善した場合、サロンやクリニックが色素沈着にも効果のある機械やローションを使用しているなどです。

しかし、どちらの場合も完全に治すのではなく、あくまでも改善する程度なので、しっかりと治したい人は専門の治療を受けることをおすすめします。

脱毛後に多汗になるのは意識の問題にある

脱毛後に脇汗をかきやすくなったという声をよく聞きますが、脱毛をしたからといって汗の量が増えるということはありません。

しかし、汗の量が増えたように感じるのにはいくつかの理由があり、脱毛前はお手入れをしていても毛穴付近には短い毛が残っており、その毛が汗を皮膚近くに留めておく働きをしていました。

脱毛後は栓の役割をしていた毛がなくなるため汗は流れやすくなり、そのため量が増えたと感じるのです。

稀に、脱毛時に脇の汗線が刺激されたことが原因で起こる、脱毛後多汗症というものもありますが、ほとんどの場合は一定期間で自然に治ります。

また、脇汗が増えたと脇に意識することでさらに汗の量が増えてしまうという理由が最も多い理由です。

意識をすればするほど逆効果となってしまうので、汗取りインナーや肌に密着する汗制剤を使用してなるべく気にしないようにしましょう。

臭いが増す??脇の臭いの原因と対策とは?

脇にあるアポクリン腺という汗線から分泌される成分が毛根の皮脂と混ざり、菌が繁殖することで汗の臭いの原因になります。

脱毛することで毛根がなくなり、菌の繁殖を抑えることができるので本来であれば臭いは軽減します。

しかし、臭いが気になるようになった方の原因として考えられるのは、通常脱毛後は毛穴が引き締まり臭いが軽減しますが、ケアが不足している場合毛穴が開いたままで、その毛穴に皮脂や垢がたまり臭いの原因なります。

また、服についた汗の菌が繁殖していることなどが考えられます。

対策としてはセルフケアでピーリングや保湿をしっかりすることや、除菌シートで定期的に脇を拭いたり汗吸収パットなどを使用することで改善されます。

脱毛後にシミ??その原因と対策とは?

脱毛をしてシミが無くなったとい方もいますが、条件によっては脱毛後にシミができることもあります。

その原因はいくつかあり、まずターンオーバーによって一時的にシミができる場合です。

脱毛によって新人代謝が良くなり肌が生まれかわろうとする際に、肌の奥にあったシミの元が表面に押し出されシミになる場合があります。

しかし肌にとっては良いことで、シミも一時的なものなので一ヶ月ほどで薄くなり消えてしまいます。

次に、脱毛器具によって肌がやけど状態になり引き起こすシミの原因です。

肌に熱を与えるため脱毛後の肌はとてもデリケートで、冷却や保湿を十分に行わないとシミの原因になってしまったり、日焼けによる肌への強いダメージが原因でシミになってしまいます。

脱毛後は肌へのダメージを極力避け、保湿などのアフターケアをしっかりと行うことが、シミを作らない最も重要な対策です。

授乳中の脱毛は効果的?産後のホルモンバランスとの関係とは

サロンやクリニックにより規定は異なりますが、授乳中の方の脱毛は基本的にはNGとされています。

その理由は、光やレーザーが母体に影響を与えるというものではなく、産後の女性はホルモンバランスがまだ正常になっていないためです。

授乳中の母体はプロラクチンというホルモンを大量に分泌していています。

プロラクチンは乳腺の発達を促進し母乳を分泌する働きがありますが、そのホルモンの影響で体毛が濃くなることもあります。

ホルモンバランスが不安定なうちは、脱毛しても脱毛効果があまり得られないため、授乳中の脱毛を受け付けていないサロンが多いのです。

授乳が終わり、ホルモンバランスが安定してくると、生理が再び始まります。

その時期が脱毛を始めても効果があると判断される時期なので、産後はゆっくりと体を休め、安定した頃に脱毛を始めることをおすすめします。

妊娠後が心配!脱毛した毛は復活する?

妊娠すると元の毛質に戻るというよりも、ホルモンバランスの変化で一時的に髪の毛が抜けたり、お腹周りの毛が濃くなったり、休止状態だった毛が活発化し毛が生えてきたりと、脱毛前よりも毛深くなることもあります。

この状態は産後もしばらく続きますが、ホルモンバランスが落ち着いてくるとこれらの症状は元に戻り、増えたムダ毛などもほとんど抜け落ちます。

しかし、光脱毛では全ての毛を脱毛できるわけではないので、活発化した毛がそのまま生え続けてしまうことで脱毛前の状態に戻ったと感じる人もいます。

対策としては、脱毛をする際に保証期間を設けているサロンを選ぶことです。

保証期間があることで信頼性も高まり、金銭面でも安心して通うことができます。

-脱毛に関する疑問

執筆者:

関連記事

no image

全身脱毛の施術後には入浴に注意が必要?

Contents1 全身脱毛後の入浴2 脱毛の施術後は体を温めては行けない3 脱 …

no image

カミソリで剃るのはデメリットだらけ!全身脱毛した方が良いメリットまとめ

『ムダ毛』という名前のとおり、ムダ毛は無駄なものと思っている女性が多いですよね。 …

no image

全身脱毛をすると汗をかきやすくなるの?

Contents1 全身脱毛をすると汗っかきになる?2 毛がなくなると汗が目立つ …

no image

ムダ毛が濃くなる原因とは?その対策方法について

誰でもムダ毛が少なからずあるものですが、様々な要因により「ムダ毛が濃くなった」「 …

no image

アトピーでも全身脱毛はできるの?

Contents1 アトピー肌の方の全身脱毛2 肌に優しい脱毛方法のサロンを選ぶ …